女優に人気の美容法ランキング

女優に人気の美容法ランキングTOP10です。井川遥も上戸彩も長澤まさみも実践する美容法人気No.1とは?

最高の体質に

第9位 世界的に見て日本人は体温の低い民族という事実!


体温が低い民族ってどういうこと!体温が高いこと=健康なのに、日本人は体温が低い人が本当に多いってご存知ですか?



吉岡里帆さん身体の温めに関するコメント
インナーケアで大切なのは身体を温めること。黒酢・しょうが湯・にんにくサプリなどを常備している。






365日の温めケアで最高の体質に!


日本人は筋肉量が少なく、食生活も乱れがちです。
中国や韓国はもちろん、アジアの人々は日本人と同じような体型ですが、今の自分の体調から何を飲めば、何を食べれば良いか知っていて、実践されています。医食同源の知恵は、今でも親から子へ引き継がれているそうです。

日本は基本的な和食を食べていれば、それが医食同源と同じような作用があったのではないかと思います。ですが今の日本は、便利な家電に囲まれた運動不足な生活習慣や食の多様化で、体温を下げる生活をしているようなものです。

また最近では代謝を上げ、体温を上げるお米まで、太るからと食べない人も増えました。日本人は昔からお米や玄米をずっと食べてきたので、今の食生活は残念に思います。





温めで得られる御利益


身体を温めることで様々な健康・美容効果があります。是非身体を温めて最高の体質になりましょう。
  • 副交感神経が優位に→胃腸が活発に→冷えやすい胃腸に十分に血液が回る→消化力アップ。
  • 体温が上がる→免疫機能向上 。などなど


身体を温める 女優のコメント
 

壇蜜さんコメント
「美容にも健康にも冷えは大敵。夏でも温かいものを飲む、シャワーでなく湯船につかる、身体が温まる食材をとるなど。 自分の美容キーワードをひとつ決めれば、やるべきことが見えやすい。」



ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)
鍼治療と同じ効果をもつ医療機器で体全体のバランスを調整し、体の内側から健康な美しさを目指す「ささない鍼」。美容鍼のようにフェイスケアにもお薦め。






たんぱく質を食べて運動をし、代謝をあげよう!


筋肉が少ないので日本人は身体が冷えていると言われるなら、筋肉をつければ1日中自分の筋肉が自然に体を温めてくれます。
一番効率的な方法は筋肉の材料となる「蛋白質(タンパク質)を摂取して、運動をすること」

勘違いしている方も多いですが、「たんぱく質(プロテイン)を食べれば、筋肉が増える」のではありません。たんぱく質を摂取しても運動をしなければ、どんどん筋肉が増えるということはありません。

芸能人で「たんぱく質の摂取を意識している」と語ったのは
ローラ(大豆たんぱく質)さん。人気美容家の神崎恵さんは「美しい髪を保つためにたんぱく質を毎日食べる」とコメントされています。
実はたんぱく質は体力アップ・冷え性改善・安眠・ダイエット・美肌・髪質改善に効果があると言われています。

逆にたんぱく質が少なすぎると、↑とは逆のことが起こります。疲れやすくなったり、肌荒れや髪がゴワゴワになったり、冷え性になったり。。

美容・健康・ダイエットにたんぱく質はとても重要な栄養素なんです。

食べ物で摂取しきれないことも多いので、効率的にプロテインを飲むという芸能人はとても多いです。
綾瀬はるか・石原さとみ・長澤まさみ・ローラ・松雪泰子(身体を絞る期間のみ)・菜々緒・浜辺美波・泉里香・菅野美穂・吉瀬美智子・榮倉奈々・木村多江・萬田久子・橋本マナミ・夏菜さんなど。




【たんぱく質とは?】
20種類のアミノ酸がくっついてできたものがたんぱく質です。たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類があります。この2種類は含まれるアミノ酸の特徴が違います。
例えばお肉ばかり食べる人は動物性たんぱく質に偏っているため、たんぱく質を20g摂取するという目標は達成されますが、尿路結石や骨粗鬆症のリスクが高くなったり、病気にかかる可能性がでてきます。
ですのでたんぱく質の摂取を意識する上で、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく食べることが必要です。




たんぱく質の落とし穴。効率の良い取り方があります


実はたんぱく質は糖質や脂質と比べて、摂取した後に体内に溜めておける量が少ないんです。つまりたんぱく質は1度に吸収できる量に限りがあるということ。
夕食で焼き肉たくさん食べたから、明日の朝はたんぱく質は食べなくて良い!ということができないんです。

1度の食事でたんぱく質をたくさん食べたとしても、体に吸収できる量を超えた分は尿として排出されたり、脂質に変わってしまうんです。だから夕食でお肉をがっちり食べれば大丈夫なのではなく、毎食きっちりたんぱく質を意識して摂取するのが理想的。
つまり1食でたんぱく質をまとめて食べるのはNG!

また夕食にたんぱく質が多すぎると太りやすくなることも。
なぜなら1食で溜められる上限以上のたんぱく質を食べれば、脂肪と尿に変わってしまうから。。。

しかも時間栄養学では、たんぱく質は夜に摂取するより「午前中の方が効果的に吸収される」ことがわかっています。
朝食できちんとたんぱく質を食べると、身体の中にスイッチが入り身体がきちんと動き出すということ。
そうすれば1日の活動量も増え、自然とエネルギーを消費して痩せやすくなるということ。

たんぱく質摂取の目安は成人女性で1日50g程度。つまり1日3食まんべんなく15~20g程度摂取するのが効果的なんです。

3食必ずたんぱく質を食べようと思うと大変なのは朝食です。
朝に納豆1パック食べているという人は少なくないと思いますが、納豆1パック中たんぱく質は8.3gしかありません。
朝は食欲がないから、お肉や魚なんて食べられないという人は結構多いんじゃないでしょうか?

一般的に考えても朝食でたんぱく質20g摂れている人は少ないと思います。
例えば洋食なら①コーヒー0.3g+食パン5.4g+目玉焼き6.8gなら=12.5gのたんぱく質しか含まれていません。
和食なら②白米3.8g+わかめ味噌汁2.8g+卵6.8g+ひじき煮0.6g=14gのたんぱく質
。目標には達しません。


では朝食で20gのたんぱく質をとる場合
プレーンヨーグルト3.6g・納豆8.3g・ハム6.6g・明太子4.2g・牛乳6.6g・ゆで卵6.5g・ベーグル8.6gなどがたんぱく質豊富です。
ちなみに上記ではベーグルと納豆は植物性たんぱく質で、それ以外は動物性たんぱく質です。

子供の発育に朝食はとても大事です。朝に食パンだけ、菓子パンだけの食事ではたんぱく質が少なく。午前中身体が作られにくい状態になるので、発育に影響を及ぼす可能性が高いです。


お薦めは豆を使った常備菜を毎食プラスすること。
豆腐なら絹より高たんぱくな木綿を食べるようにすること。絹ごし100g中4.9gなら木綿は6.6gのたんぱく質を含みます。
卵焼きやオムレツをよく食べるなら高たんぱくのツナ缶やチーズをプラスすること。そうすれば少しづつたんぱく質の量が増やせます。
魚ならサーモンがお薦め。1切れで20gくらいのたんぱく質がとれ、目標達成です。
肉は脂質が少ない部位が高たんぱく。つまり赤身肉がお薦め。豚肉なら豚もも肉。
おやつなら魚肉ソーセージがお薦め。1本7g程度のたんぱく質が摂取できます。持ち運べるので、プロスポーツ選手もおやつとして食べているとか。


そんな人は「牛乳にシリアル」の朝食なら、バナナをプラスすればOK。
20gという目安より量は少なめですが、たんぱく質の働きをUPさせることができます。
なぜかというとたんぱく質は、体内で利用するためにはビタミンB6を必要とするので、ビタミンB6が多いバナナを食べればいいんです。ちょっとした工夫ですね。


じゃあ目標のたんぱく質20g食べるにはどんな食事をしたら良いかというと、

肉や魚・卵以外にも、実は穀類にもたんぱく質は含まれています。例えばカレーは19.1g・刺身定食は20.1g・ラーメンは19.3gくらいたんぱく質を含みます。

簡単に言えば、①お米などの穀類+②肉や魚・卵・納豆などを一緒に食べるのがお薦め。①だけ②だけ多く食べるのではなく、①+②が効果的なんです。やっぱり3食バランスの良い食事が一番。

大人も子供も逆にたんぱく質の食べ過ぎはよくありません。太ってしまったり、肝臓に負担がかかったりします。



プロテインは薬ではない。表示量を守る必要ななく、自分に必要な摂取量を

食事でたんぱく質を毎食摂るのは難しい方はプロテインがお薦めです。
ドラッグストアなどで手軽に買えるようになったので、飲んだことある方も多いと思います。プロテインの市場規模も急拡大しています。
最近は小さいサイズのものまでたくさんの種類があるので嬉しいです。

プロテインには2種類あり、WHEYホエイプロテインとSOYソイプロテインがあります。コップ1杯で約15~20gのたんぱく質が摂取できます。

ホエイプロテインは牛乳たんぱくなので、筋肉の材料になりやすいたんぱく質です。しかも体内に吸収されるスピードが速いため、運動直後30分以内に飲むのがお薦め。筋肉がつきやすくなります。筋肉をつけたいならコレ!必ず運動や筋トレとセットで。

ソイプロテインは大豆たんぱくなので、脂肪燃焼効果や悪玉コレステロールを下げる効果が期待できます。また体内に吸収されるスピードが遅いため、おやつ代わりに飲むことをお薦めします。


プロテインはダイエットや美肌に良いから毎日飲んでいるという人は多いと思います。プロテインは取ればとるほど体に良いもの!ではありません。勘違いをしている人は多いと思います。1番注意しないといけないのはプロテインの摂取量が自分にあっているかどうか。このさじ加減が超重要なんです。

健康になりたくて、痩せたくて、頑張って運動をしてプロテインもいっぱい飲んでいる!という人ほど注意が必要。プロテインは飲み過ぎると太ってしまったり、腎臓や肝臓に負担をかけるので、健康になりたくて頑張っているのに体は弱っていく。。。ということにもなりまねません。

プロテインは薬ではありません。だから袋に書いてある摂取量を毎回守る必要は全くありません。自分の食事バランスや運動強度にあった摂取量にしましょう。


3食バランスよくしっかり食べているという方はプロテインはあまり必要ありません。プロテインは多く摂りすぎるとだめ。ちゃんと摂取量を考えないと太っちゃいます。
痩せたくてダイエットしたくて、ジムに行ってプロテインを頑張って飲んでいるのに逆に太ってしまった!体重が増えた!じゃ意味がありません。

ちなみに週5回10kmのランニングをしている女性が、プロテイン入りの料理や運動後のプロテイン摂取を積極的に行い、その結果体重が増えた。今も増え続けている。このまま飲み続けていいのか悩んでいる、とテレビで見たことがあります。。。十分細い女性でしたが。。。
その現象は専門家によると「筋肉が増えて当たり前のことをしているので、単純に筋肉の分の増量。プロテインもカロリーがあり、摂りすぎれば脂肪になるリスクはある。普通の運動量の人がプロテインを飲み過ぎれば、筋肉にはならない余分なカロリーになってしまう可能性が高い。」と言っていました。

3食バランスよく食べるデスクワークの会社員の方が、週1回ジムで1時間ほどウォーキングなどのあまり激しくない運動をする程度なら、毎日プロテインを飲む必要はあまりありません。ジムが終わった時に1杯くらいで十分だと思います。
どうしてもプロテインを毎日飲みたいなら、表示より摂取量を減らすことをお薦めします。
また筋肉量が少なく、お肉が嫌いだというお年寄りなどはカレーやシチューなどの料理にプロテインを溶かしてたんぱく質を補充してもいいと思います。
とにかくプロテインは賢く使いましょう。

【3食バランスよく食事をしている人の運動別プロテインの摂取目安】
①軽い筋トレやウォーキング程度→飲む必要なし(食事だけでOK)
②60分以上のランニング→10g(付属スプーン2杯くらい)
③60分以上の動きの激しいスポーツ・テニスやサッカーなど→15g
④ジムなどでの器具を使う、筋肉を大きくするための本格的な筋トレ→20g
※上記は食事でたんぱく質を摂取できていると仮定しています。
※運動習慣のない人が筋肉をつけたくて自宅で筋トレを始めたという場合なら、疲れない程度の軽い筋トレなら必要ありませんが、少し筋肉痛になるくらいの筋トレなら量を考えながらプロテインを摂取することをお薦めします。ただし筋トレに慣れてきたらプロテインは必要ないと思います。


プロテインが必要なのはすごく運動をする人や、朝に食事をあまり摂らないという人。
朝は食欲がなくコーヒーだけという人。コーヒーを「牛乳+プロテイン」に変えるだけで身体が違ってきますよ。


 

比嘉愛未さんコメント「ジム通いから軽い運動まで、常に運動している。運動後にはソイプロテインを豆乳で割って飲んでいる。」


プロテインの飲み方は人それぞれで、水や牛乳で溶く人がほとんど。付属のカップでシャカシャカ振るのが定番ですが、やっぱり飲みにくいもの。。。
ジューサーを使うと断然飲みやすくなります。朝にプロテイン入りスムージーを手作りするやり方もお薦め。
ちなみにカロリーですが、一般的に「牛乳とプロテインで214キロカロリー」、「水とプロテインで80キロカロリー」です。


プロテイン以外で、筋肉をつけたい人にお薦めなのがカニカマです。
カニカマの原料はスケトウダラ。そのスケトウダラを食べると筋肉がつく可能性があると発見されたそう。最近の研究なので、もしかしたら運動しなくてもカニカマを食べれば筋肉量が増える可能性があるかもしれないらしい。
65才以上の女性19人に、スケトウダラを3か月間毎日食べてもらい、筋肉量を測定するという実験をした結果、15人の女性にわずかだが筋肉量の増加が認められたとのこと。トレーニングもしていないのに、特にふくらはぎや太ももの筋肉が増えたらしいです。

つまり普通は「運動+たんぱく質(プロテイン)」で筋肉量は増えます。これは運動で筋肉の繊維に傷がつき、その傷をたんぱく質で修復するので筋肉が太くなり筋肉量が増えるというメカニズムです。
でも上記実験では、運動せずともスケトウダラを食べるだけで「運動+たんぱく質」と同じ作用が筋肉の中で起きているということが確認されたんです。つまりスケトウダラのたんぱく質は食べるだけで筋肉に傷がなくても筋肉量を増やすということのよう。ただ科学的に確定レベルの試験はまだできておらず、筋肉を増やすこうかがありそうというレベルの確認はできているとのこと。

研究が進んで効果が確定されれば、筋肉量が少なく激しい運動ができない介護の世界やシニアなどにカニカマの需要を広げたいと考えている様子。(ちなみにカニカマは塩分量が豊富なので注意も必要)

ちなみに「カニカマ」は海外では「SURIMIすりみ」という名前で売られており、特にヨーロッパで大人気だとテレビで見たことがあります。普通のスーパーで普通に売っているほど普及しているそうです。
それも売っているものは日本人が考えるカニカマの量ではなく、1kg・2kgなどで売られているそう。手軽に魚を食べられてヘルシーなものというイメージで、料理に多用されているみたいです。カニカマ消費量では日本は完全に負けています。


最後にもう1度はっきり言います。3食バランスよく食べていれば、プロテインを飲む必要はありません!









次は簡単に温める

第9位 「身体を温める」
最高の体質に
簡単に温める
人気蒸しショウガ
実はこれが冷える!
即効性温める方法
女優に人気の美容法ランキング 第10位は?




このエントリーをはてなブックマークに追加